副業」というと、あなたはどんなイメージがありますか?

ほんの何年か前までは本業の収入ではどうしても足りず、仕方なくやらざるをえないもの。しなくてもいいのであればやりたくないこと、という方が大多数だったのではないでしょうか。

カンタンにいうと少し前まではマイナスイメージだったのですが、そのイメージは様変わりしています。昨年の2018年は副業元年とも呼ばれ、大企業と呼ばれる企業でも副業の解禁がされる年でもありました。

副業をすることで本職の仕事に悪影響がでるのであれば問題ありですが、逆に副業をすることで仕事に好影響がでるのであれば、会社も従業員もWin-Winな関係になることができます。

副業をオススメする理由

副業をオススメするのには、いくつか理由があります。

  • 今までよりも収入が増える
  • 買い物でがまんすることが減る
  • やりがいができる
  • ストレスのはけ口ができる
  • 自分磨きができる
  • 勉強の励みになる
  • やりたくなければやめられる

など、行う副業の種類の選択や個人によって差異はありますが、プラスになることが多くあります。

中でも副業の一番のよさは収入が増えることもですが、本業ではなかなかできない、やらないという選択肢ができることです。

 

逆にマイナスとなる部分をあげると

  • プライベートな時間が少なくなる
  • 収入をえることは思っているよりも難しい
  • ストレスが増える
  • 疲労がたまる
  • 税金が増える(すごくうまくいくと)

など、新しいことを初めるにはつきもの呼ばれるようなこともあります。頭の中だけで考えると躊躇(ちゅうちょ)してしまい、やらない理由にしてしまうこともありますが、思いのほかやってみるとできてしまったなんでこともあります。

 

今現在が毎日充実しすぎて何もいらないという方には、副業をする必要はありません。

ですが、そんなうらやましい生活をしている方は、いてもほんの一握り。単純に収入が少なくて困っているほかにも、ストレスが多くて困っているなんて方も、副業をすることで救われる可能性は高いです。

この春には平成という元号が終わりますが、副業をするという選択をすることで、もっと楽しい明日を手に入れてはみませんか?

副業の選択は自分にあったものを

副業をする上で一番に大切なこと。

それは「自分にあったものを選択する」ということです。

自分にあっていないものを選択してしまうと、得てプラスになるよりも、消費してマイナスになることの方が多くなってしまいます。

副業の選択は本業では立場や状況によって断れない、やらざるを得ないというものを、やらないという選択ができます。選択ができるのは副業の一番といってもいい、大きな特権です。

これはどうかしら? とやってみて、合わない、無理だったというのは続ける必要はありません。責任感が強いことは本業では大切なことですが、全くないのも困りものですけれど、副業ではほんの少し弱めて肩の力を緩めましょう。

副業に向かない方

多くの方にオススメができる副業ですが、あまりオススメができない方も存在します。

現時点でオススメができない方はというと

  • 公務員
  • 職務規定で副業が禁止されている方
  • 最初からたくさん稼ぎたい方
  • 本業と副業ではなく、単純に掛け持ちな方
  • 責任感が強すぎる方

公務員・職務規定で禁止されている方

公務員、職務規定で副業が禁止されている方は、あとで大きな問題になることがあります。免職や停職などになっても文句の1つも言えませんので、やめましょう。

政府が行っている副業のすすめにしたがって、今後の副業の状況は変わってくる可能性が高いです。あくまでも現在はということですね。

最初からたくさん稼ぎたい方

最初からたくさん稼ぎたい方というのも、副業にはあまり向いていません。徐々に増やしていき本業を上回る収入に副業がなることは多々ありますが、最初からというのはダメですね。

最初からたくさん稼ぎたい! となると、副業を選択する際に怪しげな情報商材や、よく考えたらひっかからないおかしなものを選択してしまう可能性が高いです。何回かのクリックで何万円も稼げる! なんていうような…。

気持ちはわかりますが、最初から2桁万円も稼ぎたい! なんて方は、要注意です。時間と手間、ムダなお金を使ってしまって、副業をやろうとしたことを後悔する予備軍に近いです。

最初からたくさん稼ぎたい! 、稼ぐ必要がどうしてもある! という方は、副業ではなく転職を視野に入れた方がうまくいく可能性が高いですね。

本業と副業ではなく、単純に掛け持ちな方

副業と掛け持ちは似ているようで、大きくことなります。

副業はあくまでも本業があるのが前提ですので、やらない、やめるという選択ができます。

対して掛け持ちが成り立たせるにはどれもが大切ですから、やめる、やらないという選択がしずらくなります。結果的に、ただ大変になるという…。

本業、副業と分けることができない掛け持ちになっている場合は、掛け持ち数が増えるだけですので、あまり向いていません。

責任感が強すぎる方

責任感が強すぎる方は一見ではよさそうに思えますが、副業にはあまり向いていません。

責任感が強すぎると、本業と副業の境目が次第になくなってしまいます。どちらも気が全く抜けないということにつながり、ストレスがたまっていってしまいます。

副業はあくまでも、本業があるからこそ気楽に行えるものです。無責任というのは問題外ですが、少し気を抜いた状態でできるのが副業のメリットですよ。

各々にあった副業の選択肢を紹介していきます

副業には、こんなことも副業でできることがあったんだというものが数多く存在します。

選択肢も思いのほかたくさんありますので、各々にあったものや、できないと思っていたけれど私や僕にもできた! という副業がきっと見つかります。

各々にあった副業の選択肢を、これから紹介していきます。メリット、デメリットが先にわかっていれば、成功率、楽しくなる確率が大幅にアップしますよ。

今よりも楽しい明日を過ごすために、副業をしてみませんか?

おすすめの記事