副業に興味がある、してみたいと考えている方たちは多いです。

男女別、年代別では前回の記事でどんな方たちが副業をやっている、これから副業をする意向のある割合はどうなのかという記事をまとめてみました。まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ以下の記事も合わせてごらんください。

記事をまとめてみると、副業を行っている方の割合はまだまだ少ないですが、これから副業をしてみたいという潜在層はかなり多いことがわかりました。

男女別、年代別の次に気になるのは、「本業としてどんな職業を行っている方たちが副業をする方たちが多いのか」というのが気になりませんか?

現在の本業によって副業がしやすい、メリットがあるなんてことがあるのかもしれません。そこで、どんな職業を本業でされている方たちが副業をしている割合が多いのか、まとめてみました。

もし副業をしている割合が多い本業を今されている方は、副業でメリットを活かせるチャンスかもしれませんよ。

スポンサーリンク

副業のしている割合の高い職業とは?

職種 回答者数 現在の副業者率 (%)
経営・経営企画 255 21.2
人事・教育 246 18.1
法務 85 15.1
ドライバー 340 15.0
総務 700 14.0
配送・倉庫管理・物流 237 13.3
教員・講師・インストラクター 91 13.1
財務・会計・経理 821 13.0
福祉専門職
(介護福祉士・ヘルパーなど)
440 13.0
医療系専門職種 299 12.3

出典:パーソル総合研究所「副業の実態・意識調査」

全体の現在の副業をしている方たちの割合は、10.9%であるという調査結果がでています。ですから、割合の差はありますが、上記表の職業の方たちは副業をしている割合の高い職業だといえます。

副業の割合はこの調査が行われた(2018年10月26日~10月30日)時点での結果ですが、全体の傾向として見ると事務系の職業をされている方たちの方が副業をされている率が現状では高いです。

今後副業をする方たちが増えてくることによってこの割合は変わってくるかと思いますが、本業が事務系の方たちの副業率が高くなる理由は何かあるのでしょうか?

なぜ副業をしている割合が高くなるのか?

事務系の方たちが副業率が高くなる傾向があるのは、次のようないくつかの理由が考えられます。

  • 体力的には副業をする余裕がある
  • 就業場所が固定で移動時間が一定
  • 副業に活かせる資格を取得している場合がある
  • 他の場所でも同じように対応ができる(新たに覚える必用がない)
  • 副業として求められている職種が多い(ピンポイントとして)
  • 経験を活かせる場合が多い
  • 現場に行かずに、自宅で作業できることもある

その他にもあるかと思いますが、代表的なものを上げてみました。

体力的なメリット

まず、一番は体力的には副業をする余裕があるというのが大きなポイントです。副業は本業の他に自分の時間を削って行う必用があります。体力的に余裕がないと、本業の他に副業もというのは難しいですから…。

移動時間のメリット

ほとんどの場合は職場が一定というのは、時間の目安がつきやすいですし、副業の予定も立てやすくメリットです。30分だけど、明日は2時間の移動時間というのは、副業をするにはデメリットですね。

事務系の副業では現場には行かずに、自宅で作業できるものを多く存在します。この場合は副業のための移動時間が0になりますので、大きなメリットです。

需要があるメリット

事務系の副業は需要がありますので、副業を選択しやすいというのもあります。事務系の職業を本業でされていて、最低限のパソコンを使うことができないという方は少ないです。

パソコンを使えるというだけで、選択肢は広がりますので、副業には大きなメリットです。また、事務系では資格を持っているという方が多く、副業を行う上でもメリットとなることが多く見受けられます。

割合が高い職業も、低かった職業の方たちもチャンス! あり

現時点で事務系の方の副業率が高いのは、副業をやりやすい環境だからというのが大きいです。

なんですが、副業が広まっていくことになると現在は副業率があまり高くない肉体労働系の方たちにもチャンスが大きくなります。本業として人員を雇うほどではなくても、ピンポイントでお願いしたい! というのは今後は増えていくのは間違いないからです。

現在どんどん増えている人が足らずに外国人の方の労働に頼るしかない! というものは、ほとんどが副業として行うことができるからです。日本語ができる、本業をして経験を持っているというのは副業をするにあたって、大きな強みになりますよ。

本業が事務系の方で、少し特殊な資格を持っているけれど、本業では全く活かせていない! という方はいらっしゃいませんか?

資格というのは副業では大きなチャンス! です。特別ボーナスや待遇がよくなるなんてことが多くありますので、副業を探す際には、持っている資格を活かすようにしてみてください。

本業では給与が頭打ち! となっていくこれからは、副業には大きな可能性があります。現在よく耳にする「若者の○○離れ」は根本に収入が上がらないからという調査結果もでています。

どんな職業にしても副業に経験を活かすということができますので、副業をしてみることを検討してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事