副業を始める時に「自分が副業にあっているのか? 」と、気にする方は多いです。

始めてさえしまえばなんてことはなかったということも、やり始めるのに不安だと考えてしまうのは普通によくある事…。副業には興味があるけれど、私は僕は不安があるからやらない! というのはもったいないです。

とはいえ女性と男性を全て同じにしてあなたには副業が向いている、向いていないというのもありですが、性別別にあるとよりわかりやすくなりますよね。

ということで女性、男性の性別に分けてどちらが副業に向いているの? どんな副業が向いていて、どんな副業が向いていないのかまとめてみました。

スポンサーリンク

副業と女性

副業と女性
単純に女性と男性がどちらが副業に向いているかというと、断然女性の方が向いています。

その理由は女性は一般的に「複数のことを同時にできて、物事の切り替えが早いから」です。女性からみると当たり前にできることでも、多くの男性はとにかく不器用です。

副業は本業よりも動きの切り替わりが早いので、いろいろなことを同時できたり、切り替えを早くできる女性の方が向いているといえます。副業は一般的な男性がなんでもない考えてしまう小さなことが、大きく作用したりするんです。

女性の副業で大成功をしている例

先日ですがゴージャスかつ、謎が多くてミステリアスなところも魅力的な叶姉妹が、気になる収入源に対して答えられていました。

詳しい内容は下記リンクからご覧もらえればと思いますが、確かに叶姉妹の収入源ってなんなのだろう? と考えると、「株、為替、投資」と公表されて納得です。謎だったからこそ、無断で詐欺広告に写真を勝手に使われて、収入源を公表するしかなかったというのは、有名税と考えるのはかわいそうですが…。

「株、為替、投資」は難易度がかなり高いですが、大きく稼ぐことができる可能性を秘めた副業です。専門雑誌を見ていても女性は多く登場しますので、女性の叶姉妹の他にも女性の成功例は多いといえます。

叶姉妹でわかるもう一つ副業で重要なこと

ブログを見ると約30年以上も前から「株、為替、投資」をやられているのがわかる、叶姉妹。

仮想通貨については誘いがあるものも、一切関わりを持っていないというのは、選択できる副業だからこその選択の1つです。そのものを否定するのではなく、やらない、関わらないという選択ですね。

年季の入った叶姉妹のような投資家であれば、情報も早く稼げるチャンスは多くあったのが容易に想像できます。それでもやらない、関わらない選択をしている叶姉妹は相当のやり手というのが、少ない文面からも分かりました。

ここで、もう1一つわかる重要なことは「副業は選択ができる! 」ではなく、「副業をしていてもバレない! 」です。誰もが知る有名人で約30年以上かつ大きくお金を動かしているのは間違いない叶姉妹であっても、自ら公表しない限り副業がバレるというか、周りに伝わることはありません。

副業をしているのがバレるからやりたくない! 副業をするのをためらってしまう…。というのは、全く不要な心配です。副業をしているのが周りに知られない場合は、自ら公言しない & 収入が年間20万円をこえるのであれば所得申請を行えば周りに知られることはありません。

叶姉妹ですら今まで謎で通ってきたのですから、堂々としていればいいんです。

叶姉妹ですらバレないのですから、余計に一般人は自ら言わない限りバレないです

女性に特に向いている副業

叶姉妹のように副業をすること自体に女性は向いていますが、その中でも女性に特に向いている副業は次の副業です。

  • 事務、総務業務
  • アンケート回答
  • 美容、ダイエットに関連するブログ
  • スキマ時間で行えるもの

男性でもできますが、女性の方が向いている業務内容です。

事務、総務業務

男性でも事務、総務業務は行えますが、副業となると女性のが向いています。

副業で募集のある事務、総務業務は細かい複数の作業を求められているのが多いので、切り替えの早い女性の方が向いているからです。

また、募集自体が男性よりも女性を募集している場合は副業では圧倒的に多くなります。男性がいくらやる気や経験があったとしても、募集自体がなければできません。

そもそもの採用時に差がでます

アンケート回答

かんたんな時間のあまりかからないアンケートや、考えて少し時間を必用とするアンケートがありますが、行うには女性の方が向いています。

アンケート系は単価も安くなる副業なのですが、男性は細かい複数行って利益になるというのが苦手です。小さな積み重ねでまとまった利益になるのは、女性の方が得意な方が多いです。

そもそものアンケート自体も、圧倒的に女性に対してのものが多いですね。

断然女性向けのアンケートが多いのも理由です

美容、ダイエットに関連するブログ

特定のものではなく副業を探す

アフィリエイトというと切っても切れないのが、美容とダイエットに関する内容です。男性でももちろんできるのですが、ほとんどの場合は想像でしか書くことができません。

「想像で書く = 信ぴょう性がない」のない内容になりますので、インターネットでよく見る冷静に考えるとありえない内容の記事になりがちです。その点女性は想像にはなりませんので、信ぴょう性が段違いに変わります。

美容とダイエットに興味が強い女性は実体験も含めて記事を作成すると、共感が得られやすいですよ。収益が出るまでには時間がかかりますので、興味があるのに加えて根気強さがあるとよりオススメです。

実体験が重要で、女性でも想像で内容を書いてしまうと、信ぴょう性はない内容になります

スキマ時間で行えるもの

副業をしようと雑誌を見たり、インターネットで検索していると、スキマ時間で行いましょう! とよく見かけます。

ちょっとしたスキマ時間に行うことのできる副業はあるのですが、実際に行ってみると女性の方が断然にスキマ時間で行う副業は得意です。男性はちょっとスキマ時間ではなく、よしやるぞ! とならないと、なかなか副業に限らず実施ができません。

ちょっとしたスキマ時間に細かいものを複数こなすというのは、女性が向いていますよ。

物事の切り替えの早い女性は強いです

女性にはあまり向かない副業

向いている副業があれば、女性にもあまり向かない副業もあります。次の副業です。

  • 力作業を多く含む業務
  • 男性比率が高すぎる場所
  • 拘束時間がムダに継続して長い

多くの副業を行う女性があまり好んで行うものではありませんが、女性で向く方は少ないのであまりオススメできない副業です。

力作業を多く含む業務

どんな強そうに見える女性も、男性と比べると身体的には弱いです。ですから、力作業を多く含む業務は、副業として女性にはあまり向いていません。

女性であればやり初めの最初はあまり重い物については気を使ってもらえますが、たまにではない力作業を多く含む業務ではそうもいっていられなくなります。女性と男性の区別は徐々になくなるのが、ある意味で当然です。

いくら重くてもできるのがわかると、やがてやるのが当たり前になり、やることが当然のようになってしまいます。トレーニング目的であえてではない限り向いていませんし、選択できる副業で女性が選ぶ副業ではありません。

できるのが当たり前になると、やることが普通になります

男性比率が高すぎる場所

男性比率が高すぎる場所が女性に向いていない理由は、男性社会が強すぎるからです。

最初はともかくなれるとどんどん気を使わなくなっていき、行う業務としてではなく、やりづらい場面が増えていくことは間違いありません。多くの女性は気疲れしてしまいます。

男女の差別はありませんが、男性と全てが同率というのは継続するには特にやりづらいですよ。

ご自身の年齢が高くなるほど、あえて選ぶ理由はありません

拘束時間がムダに継続して長い

副業の中には拘束時間がムダに継続して長いものがあります。

本業であればしょうがないのですが、選択ができる副業であえて選ぶ業務ではありません。スキマ時間が向く女性は、何時間も拘束されるのはイライラする場面も増えるのが間違いなしです。

やろうと思えばできますが、気分的に女性の方がより疲れます

副業と男性

副業と男性
単純に副業が女性と男性どちらが向いているのかといえば先述した通り、男性よりも女性の方が向いています。

いい面もあるのですが、「1つのものに集中して他に目が入らない」という多くの男性の特徴は、女性と比べてしまうと女性の方が副業に向いているということですね。

ガチガチの日本男児のような男性は減ってきていますので、若い世代であればあるほど男性の特有の特徴は当てはまらない…。すなわち副業が向いているといえるかもしれませんよ。

男性に特に向いている副業

女性と比べてしまうと副業に向かない男性も、副業が向いていないわけではありません。単純に女性と比べた時に、どちらかといえばというだけですね。

女性ではなく男性に向いている副業は、次のような副業です。

  • 責任感の高いもの
  • 結果が想像できるもの
  • 本業の経験が生かせるもの

副業の業種ではなく、その内容で向き、不向きが出てきます。

責任感が高いもの

作業としてできればOK! ではなく、やるからには充実感も同時に得たいのが男性です。

基本的に責任感が高いものの方が、報酬も高くなる率が高いです。大変ではあっても収入が多くなるといった方が充実感も多くなりますので、男性に向いています。男性には小さく複数よりも、大きく単数といった感じです。

特に副業をしよう! とする男性は、なんとなくよりも充実感があった方が男性は頑張れちゃいますよ。

充実感を求めるのは圧倒的に女性よりも男性の方が比率が高いです

結果が想像できるもの

何をやっているか想像できないものよりも、想像できるもの方が男性向きです。

先に紹介した責任感が高いものにも通じますが、結果が想像できないものは充実感が感じづらくなります。何をしているのか分からないけれど、作業だから割り切って行うというのは男性の苦手な分野です。

結果的に同じことを行うのであっても、結果が想像できるものの方が男性は実力を発揮できますよ。

想像ができずにどこに向かっているんだろうなると、男性のが不安になりやすいです

本業の経験が生かせるもの

男性は得意なものは少しだけではなく、とことん得意です。いろいろと複数を同時にできる女性とは異なり、1つのことを集中する方が向いているのが理由です。

本業の経験が生かせるものの場合は経験があるからの得意なものであること、経験があるからこその結果も想像できるので、男性にとても向いています。

副業では絶対に全く本業と異なるものをやりたい! というのでなければ、本業の経験を生かせるものの方が男性は向いていますよ。

経験があり得意なものは、困難でも頑張れてしまいます

男性にはあまり向かない副業

男性にも向いている副業があれば、向いていない副業もあるもの…。男性に向いていないのは次のような副業です。

  • 大半が力仕事の副業
  • 作業内容が複数に及ぶもの
  • 女性向けの美容、ダイエットに関するブログ

男性には一見できてしまいそうでも、副業としては向いていないものですね。

大半が力作業の副業

男性ならば多くの方ができてしまうのですが、大半が力作業の副業はあまり向いていません。

できてしまうからこそ、副業でも頑張りすぎて身体的に疲れ過ぎてしまのは、本業に影響が間違いなくでます。たまにスポットで行うぐらいであればありですが、継続的に行う副業としてはあまりオススメできません。

副業は本業があってこそです。本業であれば別ですが、男性であれば頑張れてしまうからこそ、副業としてはあまり向いていません。

必用以上に身体的に疲れるものは、本業に影響します

作業内容が複数に及ぶもの

副業として作業内容が複数に及ぶものは、一つずつが小さくなってしまいがちです。

1つずつが小さくなるというのは、達成感も小さくなります。男性は副業であっても達成感を得たい! という方が多いです。副業だからしょうがないと割り切ることができない男性は、ストレスになりますので向いていない業務です。

副業は単にお金だけじゃないんだよ! という男らしい男性は、特に向いていません。

副業でも小さなものよりも、大きな充実感を得たいのは男性の性です

女性向けの美容、ダイエットに関するブログ

大きく今の生活を変えたい! と副業を探すと、アフィリエイトにあたります。

美容、ダイエットは市場がびっくりするぐらい大きいので、当たるとプロの有名スポーツ選手かというぐらい収入を得るのも夢ではありません。

なんですが、男性が女性向けの美容、ダイエットに関するブログでアフィリエイトを稼ごうというのは、あまり向いていません。女性と男性では大きく感性がことなるのが理由です。

気持ちが深く分からないでは想像で書く内容になり、信ぴょう性が大きく欠落します。インターネットを見ているとよく見かける【PR】となった広告記事と同じような内容や、どう考えてもありえないような内容になってしまうでしょう。

感性が同じだからこと欲しくなるものですので、多くの男性は女性向けの美容、ダイエットに関する内容のブログは向いていません。美容、ダイエット自体に興味があるのであれば、同じ男性向けの方が当たる確率が高いです。

美容やダイエットは女性にとって、とてもデリケートな問題です

女性も男性も最終的にはやる気しだい

女性も男性も最終的にはやる気しだい
最終的には副業は性別によって向き不向きがあるというよりも、行う業務内容によって差が少しあります。

女性ならではのもの、男性ならではのものがあるので、どちらが優れている劣っているというものではありません。今回は性別でのみ取り上げていましたが、年齢も同じですね。

向き不向きは確かにありますが、最終的には向き不向きよりがどうこうよりも本人のやる気次第です。最初の一瞬だけは向き不向きで差が出ますが、すぐにやる気がある方が上にきますよ。

本業の場合は本当はやってみたい職業や業務だけど、向いていないから諦めるということが出てくる場面が男女問わず、どなたも少なからずはあったのではないでしょうか。

副業は選択ができるのが、本業にはない最大の強みです。向いていないから諦めずに、やってみたいからやる! というのが、副業をより楽しんで行うコツになりますよ。

しょうがなくやるのではなく、副業はなるべく行う行為自体を楽しんでしまいましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事