副業に興味はありますか?

去年(2018年)は副業解禁元年と呼ばれる年でしたので、見たり耳にする機会が増えて興味があるという方が絶賛増加中です。大企業にならえと解禁する企業も増える今年は、副業がさらに盛り上がること間違いありません。

副業に興味がある、副業をするきっかけは人それぞれですが、本業では得られない収入を補いたい! という方は多いです。基本的に収入が増えたらうれしいですから。

副業で収入を補いたい! とは別に、支出を抑えるということに「節約」があります。収入は変わらなくても、支出を抑えることのできる節約。

一見は関連性のなさそうに思える、副業と節約。収入を増やして、支出を減らしてという違いはありますが、生活が変わるという点で考えるばどちらも同じです。

では、副業と節約。結局どちらがお得なの? なんて気になりますよね。

そこで、副業と節約それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

節約の場合

節約の場合

副業ではなく、節約をした場合のメリット、デメリットはどんなものがあるでしょうか?

節約のメリット

節約をする上でのメリットをカンタンに紹介します。

  • 思いったった時にすぐにできる
  • いくら節約できたと考えながらできる
  • ハマるとパズルをはめるかのような楽しさがある
  • 参考にするものがたくさんあるので始めやすい
  • 計算が早くなる

思い立った時にするにできるのは、節約の大きなポイントです。副業の場合はなかなかこうはいきません。

節約には衣食住でできることがたくさんありますが、先に節約術として行っている方が多くいますので、参考にするものが多いので始めやすいです。

節約は比較する計算が必要ですので、自然に計算が早くなるというのもメリットです。節約が上手な方は総じて計算が早いですね。

節約のデメリット

節約をする上でのデメリットもありますので、こちらもカンタンにですが紹介します。

  • 思いのほか手間がかかる
  • 手間の割に成果がでないこともある
  • 習慣化しないとあまり意味がない
  • 節約を意識していないと、実際に節約にならない
  • 副業とことなり、収入が増えるわけではない

副業と比較すると最大の違いは、節約をすることによって支出は減っても収入が増えないことです。これは大きな差です。

また、考えた節約をしないと労力と釣り合わないなんてこともあります。過度に節約に敏感な状態になってしまうと、周りから単純にケチな人なんて思われてしまうかもしれません。

バランスを取るのが慣れるまで少し難しいです。

副業の場合

副業の場合
続いて節約ではなく、副業をした場合のメリット、デメリットはどんなものがあるでしょうか?

副業のメリット

副業をする上でのメリットをカンタンに紹介します。

  • 本業とは別の収入を得られる
  • 個人の勉強がいかせる
  • 本業ではできなかったことができる
  • 今まで接点がなかった人と会える
  • 本業をこえるような収入になることも

本業とは別の収入が得られるのは、副業の最大のメリットです。

選択する副業の職種にもよりますが、本業ではできなかったことができるのも副業の利点です。勉強していることや、やってみたかったと考えていたことをするのも可能です。

選択業種によりますし、副業を始めてすぐにというわけにはいきませんが、副業ではじめたことが本業の収入をこえてしまうなんてことも決して夢ではありません。実際に副業で収入が3桁万円行くような方は多くいます。

副業にはお小遣い稼ぎのようなやり方もありますが、夢を見られるような場合も0ではありません。

副業のデメリット

副業をする上でのデメリットもありますので、こちらもカンタンにですが紹介します。

  • 自分の時間が少なくなる
  • 思っていたよりも稼げない
  • 人付き合いがめんどくさい
  • 収入が安定しない

副業で収入を得るということは、自分の時間は確実に削られることになります。一人の時間が何時間も毎日絶対に必要という方には、難しい面がでてきます。

始める前に思っていたよりも稼げない! という方もいます。金額の面だけであれば、本業ではなかなかすることのできない、副業の内容を変えた方がいいという場面がでてくるかもしれません。

収入が安定しないというのも、副業では多くあることです。安定した収入を得るのであれば、副業にあてる時間の確保を増やす、副業の内容を変更するということも必要となる場合があります。

人付き合いがめんどくさい! となる場合は、人付き合いをしなくてもできる選択肢が副業にはたくさんあります。副業では気になるようであれば、我慢ぜずに変更しましょう。

自分にあっているものを

副業と節約についてカンタンに紹介してきましたが、どうでしたでしょうか?

副業には副業の、節約にはメリットとデメリットがありますよね。ですから、どちらが明らかに優れている、劣っているということはありません。どちらも自分自身にあったほう、方法ですればいいんです。

副業、節約のどちらか片方を選ぶのではなく、両方をやってみるのもいいかもしれませんよ。本業では「やる、やらない」の選択肢は選ぶことができなくても、副業と節約では選ぶことができるのですから…。

 

こちらは副業支援サイトですので、「一度お試しでも副業をしてみてはどうですか? 」の方の背中を押したいと思います。特に本業に何かずっと不満を抱えている部分があるなんていう方には、自分の意志でやる、やらないの選択肢のある副業をオススメしますよ!

おすすめの記事